ドッカンバトル攻略

極限Zエリア「絶望への反抗」の攻略情報

極限Zエリア 絶望への反抗!

ドッカンバトルにて、極限Zエリア「絶望への反抗」が開催! 極限Zエリアに挑戦するための方法や編成可能キャラを紹介しているので、攻略の際の参考にしてください

極限Zエリア関連リンク

スポンサーリンク

極限Zエリア「絶望への反抗」について

他のイベントと異なり、イベントに挑戦するための条件や編成可能なキャラなど制限がいろいろとあります。事前に確認しておきましょう!

開催期間

2019/10/10(木) 17:00 〜 2019/10/21(月) 16:59

イベント開放条件・挑戦方法

極限Zエリア「絶望への反抗」は、物語イベント「HOPE! 絶望への反抗」の全ステージクリアで開放され、挑戦できるようになります。

物語「HOPE! 絶望への反抗」

物語「HOPE! 絶望への反抗」

極限Z覚醒キャラ

キャラ最終性能
入手時 悲しみと怒りの咆哮 トランクス(少年期)(未来) 入手時 新たな未来へ 超サイヤ人トランクス(未来) 超サイヤ人トランクス(未来)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
知属性のHPとATKとDEF70%UP
知属性の気力+2、HPとATKとDEF70%UP
必殺技
相手に超特大ダメージを与える
相手に超特大ダメージを与え、 ATKとDEFを低下させる
パッシブスキル
敵が2体以下の時にATK70%UP
自身のDEF100%UP &敵が2体以下の時にATK100%UP &「人造人間」カテゴリの敵がいるとき さらにATK50%UPし、超高確率で会心が発動

カテゴリ

物語「HOPE! 絶望への反抗」で入手できるキャラをドッカン覚醒させた『新たな未来へ』超サイヤ人トランクス(未来)が極限Z覚醒します。

極限Z覚醒に必要な覚醒メダルの枚数

覚醒メダル必要枚数
銅 銀 金 虹
15403030

スポンサーリンク

ステージ情報

  • サポートアイテム持ち込み不可
  • コンテニュー不可
  • フレンド固定(※)

前回の極限Zエリア「人造人間セル編」と同様、フレンドが固定されています。今回は、『雄々しき反抗』超サイヤ人孫悟飯(未来)がフレンドキャラとして選択できます。

キャラ最終性能
入手時 未来を背負う戦士 孫悟飯(未来) 入手時 雄々しき反抗 超サイヤ人孫悟飯(未来) 超サイヤ人孫悟飯(未来)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
全属性の気力+2、HPとATKとDEF30%UP 必殺技
1ターンATKとDEFが上昇し、 相手に超特大ダメージを与える パッシブスキル
自身のATKとDEF70%UP &敵が2体以上のとき 自身の気力+2、更にATKとDEF50%UP &「人造人間」カテゴリの 敵がいるとき高確率で会心が発動

カテゴリ

1.新たな未来へ

難易度/ACT詳細
ランク経験値7000
ボス属性
超知
難易度/ACT詳細
ランク経験値15000
ボス属性
超知

覚醒メダル集め方

極限Z覚醒に必要な覚醒メダルは、各ステージ道中のカプセルから入手することができます。たまに?マスが出現することがあり、そのステージどちらかのカプセルが入手できます。

どのルートも3回ずつ回れば、必要な覚醒メダルが揃います。

Z-HARDステージ

ステージ1

SUPERステージ

ステージ2

極限Z覚醒に必要な覚醒メダルの枚数

覚醒メダル必要枚数
銅 銀 金 虹
15403030

スポンサーリンク

ボス情報

Z-HARD

ステージ1ボス(超サイヤ人トランクス未来)
属性超知HP約80万
カテゴリ

SUPER

ステージ2ボス
属性超知HP約120万
カテゴリ

チーム編成制限

極限Zエリア「絶望への反抗」には、特定のキャラしかチームに編成できず、また指定された編成必須キャラをパーティーに入れないとイベントに挑戦できません。

編成必須キャラ

下記4キャラは、編成必須キャラでパーティーに必ず入れる必要があります。すべてイベントや秘宝等で入手可能なキャラです。

キャラ情報

上記のキャラは、全ての物語「HOPE! 絶望への反抗」で入手できます。持っていなければ、キャラの育成を優先させましょう!

キャラ最終性能
入手時 自由気ままな殺戮 人造人間17号(未来) 入手時 死を招く人造人間 人造人間17号(未来) 人造人間17号(未来)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
「人造人間」カテゴリの 気力+3、HPとATKとDEF50%UP 必殺技
ATKとDEFが上昇し、超特大ダメージを与える パッシブスキル
自身のATKとDEF70%UP &攻撃参加中の味方に「人造人間18号(未来)」が いるとき更にATKとDEF70%UPし、 中確率で会心が発動 &「混血サイヤ人」カテゴリの敵がいるとき 必ず必殺技が追加発動

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 気の向くままの破壊 人造人間18号(未来) 入手時 破滅をもたらす人造人間 人造人間18号(未来) 人造人間18号(未来)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
「兄弟の絆」カテゴリの 気力+3、HPとATKとDEF50%UP 必殺技
ATKとDEFが上昇し、超特大ダメージを与える パッシブスキル
自身のATKとDEF70%UP &攻撃参加中の味方に「人造人間17号(未来)」が いるとき更にATKとDEF70%UPし、 中確率で攻撃を回避 &「混血サイヤ人」カテゴリの敵がいるとき 必ず必殺技が追加発動

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 未来を背負う戦士 孫悟飯(未来) 入手時 雄々しき反抗 超サイヤ人孫悟飯(未来) 超サイヤ人孫悟飯(未来)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
全属性の気力+2、HPとATKとDEF30%UP 必殺技
1ターンATKとDEFが上昇し、 相手に超特大ダメージを与える パッシブスキル
自身のATKとDEF70%UP &敵が2体以上のとき 自身の気力+2、更にATKとDEF50%UP &「人造人間」カテゴリの 敵がいるとき高確率で会心が発動

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 悲しみと怒りの咆哮 トランクス(少年期)(未来) 入手時 新たな未来へ 超サイヤ人トランクス(未来) 超サイヤ人トランクス(未来)
  • Dokkan覚醒
  • 極限Z覚醒

リーダースキル
知属性の気力+2、HPとATKとDEF70%UP 必殺技
相手に超特大ダメージを与え、 ATKとDEFを低下させる パッシブスキル
自身のDEF100%UP &敵が2体以下の時にATK100%UP &「人造人間」カテゴリの敵がいるとき さらにATK50%UPし、超高確率で会心が発動

カテゴリ

スポンサーリンク

その他編成可能キャラ

キャラ情報

キャラ最終性能
入手時 謎の怪物 セル(第一形態) 入手時 憎悪と破壊の生命体 セル(第一形態) セル(第一形態)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
「人工生命体」カテゴリの 気力+3、HPとATKとDEF100%UP 必殺技
相手に極大ダメージを与え、HPを15%回復
絶命弾(超必殺技)
相手に超極大ダメージを与え、ATKとDEFを低下させる
パッシブスキル
自身のATKとDEF20000UP、 必殺技を発動する度に気力+1(最大+6) &気力18以上でさらにATK20000UP、 攻撃する相手が ATK低下状態の場合必ず会心が発動

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 膨れ上がるパワー 超トランクス 入手時 怒りの一点集中 超トランクス 超トランクス
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
全属性のATK40%UP 必殺技
超特大ダメージを与え、3ターンATKが上昇 パッシブスキル
ターン開始時に気力+4、ATK60%UP&再生効果減少

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 時を越える邪悪 セル(第一形態) 入手時 神出鬼没の怪物 セル(第一形態) セル(第一形態)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
技属性のATK50%UP 必殺技
相手に特大ダメージを与える パッシブスキル
与えたダメージの30%回復

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 ほとばしる闘気 超トランクス 入手時 勝利の自信 超トランクス 超トランクス
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
全属性のHPとATK30%UP 必殺技
相手に超特大ダメージを与え、DEFを低下させる パッシブスキル
ターン開始時にATK70%UP

カテゴリ
キャラ最終性能
入手時 未来への望み トランクス(青年期) 入手時 心に秘めた希望 トランクス(青年期) トランクス(青年期)
  • Dokkan覚醒

リーダースキル
力属性のHPとATKとDEF30%UP 必殺技
相手に大ダメージを与える パッシブスキル
味方全員のATKとDEF15%UP

カテゴリ

クリアパーティー

ボスは、「混血サイヤ人」を持つ超サイヤ人トランクスなので、人造人間17号と18号は、パッシブの追加効果で大活躍します。この2キャラをしっかりと育てていればクリアできます。

Z-HARD

クリア編成例

編成必須キャラ4体のみでクリアは可能です。人造人間17号と18号は、しっかりと育てておきましょう。

SUPER

クリア編成例

Z-HARDと同様のパーティーでクリア可能です。ただし、Z-HARDと比べ敵のHPやATKも上がっているので、参加しているキャラの潜在解放はしっかりと行いましょう!
特に、人造人間17号と18号は、潜在解放スキル(連続攻撃15,会心11)にしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事に対するコメント